周冠宇(アルファロメオ):2022年F1アブダビGP

周冠宇(アルファロメオ):12位

「今夜だけでなく、シーズン全体について、このチームをとても誇りに思う。レースではすべてを出し切ったし、ポイントは獲得できなかったとはいえ、(チームが)チャンピオンシップ6位という目標を達成した。僕は終盤、順位を守るために自分の作戦を犠牲にしなければならなかったので、それについてはよい仕事をしたと思う。全力を尽くした。トラックでは素晴らしい戦いをしたし、シーズンを通じて最高のオーバーテイクをしたと思う。長い1年のあと、ふさわしい結果を手に入れた。素晴らしいルーキー・シーズンだった。好調なスタートをきり、好調に終えられたのはよかった。もちろん、必ずしも思い通りにはいかなかった。信頼性問題もかなり起きたが、冬の間にすべて修正し、来年はもっとよいシーズンになるという自信がある、チーム、チームメイトのヴァルテリ、ファンのサポートのおかげで、全体的に、最初のF1シーズンは本当に楽しかった。そのすべてに感謝しているし、来シーズンが待ちきれない」

-Source: The Official Formula 1 Website




F1ドライバー決勝コメント