セルジオ・ペレス(レッドブル)2022年F1マイアミGP

セルジオ・ペレス(レッドブル):4位

「今日はとてもがっかりしているが、少なくともポイントは獲得した。シャルルにプレッシャーをかけていたが、パワーに問題が起きた。センサー故障が原因だったが、パワーの多くを失い、アタックする能力が制限された。カルロスとは1秒差だったが、エンジンが不調になり、2周で約30秒ロスした。そしてその問題がレース中ずっと影響した」

「表彰台に立てるだけのペースがあったし、できるだけ攻めた。タイヤを温存するのは難しかった。コーナーではタイヤがとても難しく、レース終盤はグリップが大きく失われていた。セーフティカー後のリスタートで仕掛けたが、グリップが全くなかったので、カルロスを抜くことができなかった。信頼性について本当に頑張って取り組んでいるし、チームとして攻め続けるつもりだ。不運だったが、今日はフィニッシュできて嬉しい。バルセロナではトップ争いに戻りたい」

-Source: Red Bull Racing


F1ドライバー決勝コメント