セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)2021年F1トルコGP決勝コメント

セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ):3位

「簡単なレースではなく、苦しく、疲れることもあったので、この表彰台はとても特別だ。だから今夜はとても嬉しい。表彰台に立つのは久しぶりだが、過去2、3戦は表彰台に立てるはずだったが、とても不運だった。スタートはよかった。ターン1に向けて、フェルナンドとピエールが接触したので、僕を含めて3台並んだと思う。もうだめだと思ったが、最終的によい結果になった。そのあとは、最初のスティントではマシンの感触がよくなく、順位を大きく落としたが、そのあとの第2スティントは、正しいタイミングで攻めることが重要で、自分の経験を活かして、チームのために表彰台に立つことができた。ルイスが本当に速く、近づいていたし、当時の僕はタイヤにかなり苦しんでいた。彼のペースはよかったので、抜かれると思った。でもよいバトルになって、彼を抑えることができた。ルイスはトップドライバーなので、彼とレーシングをするのは楽しかった。表彰台に立つと、グランドスタンドにたくさんのメキシコ国旗が見えた。ここトルコは母国から遠く離れているので、国旗を見て嬉しかった。このレースから学べることがたくさんあると思う。チームにとってよい結果だし、オースティンを楽しみにしている」

-Source: The Official Formula 1 Website