セバスチャン・ベッテル 2022年シーズンでF1引退:チーム公式発表

アストンマーティン・アラムコ・コグニザントF1チームのドライバーであるセバスチャン・ベッテルは、輝かしいモータースポーツのキャリアを歩み、2022年シーズンをもって引退することを決定した。

セバスチャン・ベッテルはF1ドライバーズワールドチャンピオンシップを4度制覇し、グランプリ優勝回数は53回で、ルイス・ハミルトン(103回)、ミハエル・シューマッハ(91回)に次いで歴代3位である。

セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)2022年F1フランスGP

セバスチャン・ベッテル

「この15年間、F1で大勢の素晴らしい人たちと仕事をする機会に恵まれた。名前を挙げて感謝するにはあまりに大勢だ」

「過去2年間、僕はアストンマーティン・アラムコ・コグニザントF1チームのドライバーを務めてきた。僕らの結果は期待したほどではなかったが、今後何年にもわたって最高レベルのレースをするためにチームが必要とするものが、すべて揃ってきていることは非常に明らかだ」

「このような素晴らしい仲間と一緒に仕事ができて、本当に楽しかった。ローレンス、ランス、マーティン、マイク、シニアマネージャー、エンジニア、メカニック、その他チームの全員が、野心的で、有能で、専門的で、献身的で、友好的だ。彼らの成功を願っている」

「昨年、今年と続けてきた仕事が、将来的に勝つためのチーム作りに役立つことを願っている。その目標を念頭に置き、今から年末にかけて全力で働き、残りの10戦はいつも通り全力を尽くすつもりだ」

「引退の決断は、僕にとって難しいものだった。引退について長い時間をかけて考えてきた。この年末は、次に集中するものについて考える時間が欲しい。父親として、家族ともっと多くの時間を過ごしたいことは非常にはっきりしている。しかし今日はさようならを告げる日ではない」

「むしろ、ファンをはじめ全員にありがとうという日だ。ファンの皆さんの情熱的なサポートがなければ、F1は存在できないのだから」

ローレンス・ストロール:アストンマーティン・アラムコ・コグニザントF1チーム会長 「F1歴代の名ドライバーのひとりであり、彼と一緒に仕事ができたことは光栄だった」

ローレンス・ストロール:チーム会長

「F1歴代の名ドライバーのひとりであり、彼と一緒に仕事ができたことは光栄だった」
以下省略

マイク・クラック::アストンマーティン・アラムコ・コグニザントF1チーム代表 「我々が完全な競争力を持つようになったとき、その将来的な成功の立役者のひとりはセバスチャンになるだろう」

マイク・クラック:チーム代表

「我々が完全な競争力を持つようになったとき、その将来的な成功の立役者のひとりはセバスチャンになるだろう」
以下省略

【動画】セバスチャン・ベッテル F1引退を発表


-Source: Aston Martin