セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン):2022年F1カナダGP

セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン):12位

「今日は僕らの日ではなかった。前を空けるために早目にピットストップしたが、その後バーチャル・セーフティカーが悪いタイミングで発動した。そのせいで僕のレースが本当に損なわれた」

「最後は、とても使い古したタイヤを使っていたので持ちこたえようと頑張ったが、うまくいかなかった。ランスのタイヤの方が速く、チームはダニエルをアタックできるよう彼を先に行かせるようチームから要請されたので、喜んでそうした。結果は苛立たしかった。今週末はペースがよかったので、もっとよい結果になるはずだった。でも思い通りにいかないときもある」

「今日はそういう日だったと感じた。頑張ったチームと、ポイントを獲得したランスはよくやった」

-Source: Aston Martin


F1ドライバー決勝コメント