セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)2022年F1スペインGP決勝

セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン):11位

「今日はタイヤとグリップの管理がすべてだった。トラックはとても滑りやすかった。全員のタイヤがボロボロになり、多くのドライバーがかなり早くにピットインした。だから僕らは2ストップ作戦を選んで、違うことをしようとした。最終的に、それで大きな違いが生まれたとは思わない。結局のところ、ポイント圏内のマシンを攻撃できるほどのペースがなかった。しかし僕らはやってみた。11位はそれほど報われないが、まずまずのレースをした。この新パッケージは、大躍進ではないとわかっていたが、将来に向けた方向性としてはよいと信じている。僕らは進歩しているし、前に向かっている。それが重要だ」

-Source: The Official Formula 1 Website


F1ドライバー決勝コメント