セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)2021年F1ロシアGP決勝コメント

セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン):12位

「レース序盤は、マシンが列になっていたので、順位を上げるのは簡単ではなかった。でも最後の数周で雨が降り始めると、くじ引きのようになった。ピットインしてインターミディエイト・タイヤに交換するべきかどうかは五分五分の判断だったように感じた。小雨のまま降ると感じたので僕らは走り続けたが、大降りになり、窮地に陥った。結局ピットインしてインターミディエイトに交換したが、順位を落とした。レース終盤に雨が降ると、大きなチャンスになるが、今日は僕らにとって有利に働かなかった。ファンにとっては面白いレースだったと思う。そしてルイスがグランプリ100勝目を挙げたことを嬉しく思う。彼にふさわしい偉業だ」

-Source: The Official Formula 1 Website