ホンダ公式発表、レッドブル2チーム、2022年以降もホンダPUを使用

ホンダ公式発表、レッドブルの2チームは2022年以降もホンダPUを使用
2021年02月15日

ホンダは、2021年末でF1から撤退するという決定を受け、レッドブルが所有する2チームが、2021年終了後も我々のF1パワーユニット技術を使うことで同意に達したと発表する。

-Source: Official Twitter of Honda Racing F1


・・・・・・・

レッドブル公式発表、2022年以降ホンダF1パワーユニット技術を使用

レッドブル公式発表、2022年以降ホンダF1パワーユニット技術を使用
2021年02月15日

レッドブル・レーシング本部(ミルトンキーンズ)

レッドブルは、F1パワーユニット技術を使用することでホンダと同意に達し、パワートレイン会社を立ち上げる。

パワーユニット・メーカーとして2021年末にF1を撤退するというホンダの決定を受け、レッドブルは、2022年シーズン開幕時からホンダのF1パワーユニット技術を使うことで 本田技研工業と合意に達した。

本日の発表は、FIAが2022年シーズン開幕時から発効するF1パワーユニット開発凍結を導入する決定を受けたもの。レッドブルとホンダの合意は、開発凍結期間中をカバーしているので、2025年に次世代のエンジンが導入されるまで、レッドブル・レーシングと姉妹チームのスクーデリア・アルファタウリのマシンにホンダのパワーユニット技術を利用することができる。

このプロジェクトを運営するために、レッドブル・パワートレイン・リミテッドという新会社が設立された。この新部門は、ミルトン・キーンズのレッドブル・テクノロジー・キャンパス内のレッドブル・レーシングのF1チーム本部から運営される。

-Source: Red Bull Racing

2020年10月02日
ホンダ、2021年でF1参戦終了:公式プレスリリース