ピエール・ガスリー(アルピーヌ):2024年F1イギリスGP

ピエール・ガスリー(アルピーヌ):リタイア

「ガレージを出た瞬間にマシンに何か異常があることに気づき、ギアボックスに問題があるのではないかと疑った。レーススタート時に問題が発生する可能性があるとわかっていたが、結局、フォーメーションラップの直後にピットに戻り、マシンをリタイアさせなければならなかった。パワーユニット交換によるグリッド降格ペナルティのため、僕にとって危うい週末になるのはわかっていた。少なくとも順位を取り戻すためにレースに参加できなかったのは残念だ。天候がとても不安定だったので、僕らにはチャンスがあったかもしれないが、今日はそうならなかった。僕らは学び続け、同じ問題が再び発生しないようにするために何が起こったのかを正確に分析する必要がある。やるべきことがたくさんある。ハンガリーまでの時間を活用して、より強くなって戻ってくるつもりだ」

-Source: The Official Formula 1 Website