ミック・シューマッハ(ハース)2021年F1バーレーンGP決勝コメント

ミック・シューマッハ(ハース):16位

「全体的に、90%満足で10%は不満だと言いたい。なぜなら、セーフティカーの再スタートでのスピンというミスを犯したからだ。幸いマシンはまだ操縦可能で、すべて大丈夫だったので、走り続けることができたし、レース週末を通じて経験を積むことができた。もちろん、スピンのあとタイヤをC3からC2に交換したが、感触はとてもよかった」

「車列の中にいなかったので、数周でも先行マシンに近づく努力ができなかったのはやや残念だ。幸い、ブルーフラッグが振られ、ニコラス(・ラティフィ)に近づくことができたので、先行マシンを追いかけDRSを使う感触をつかむことができた」

「多くのことを学んだように感じている。これを次のレースで前向きに使うことができたらよいと思う」

-Source: The Official Formula 1 Website
2021年03月29日
F1バーレーンGP決勝