マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)2021年F1カタールGP

マックス・フェルスタッペンは、F1タイトルをひとつ獲得することが自分の「最終目標」であり、その後にタイトル優勝回数を増やすことにはこだわらないと語っている。

フェルスタッペンは、あと2戦で初のワールドチャンピオンになれるかどうかが決まるが、ルイス・ハミルトンに8ポイント差をつけて、最後から2戦目のサウジアラビア戦に臨む。まだ24歳なので、今シーズン優勝するかどうかに関わらず、彼は複数のタイトルを獲得し、ハミルトンの合計7回のタイトルに挑戦するのではないかと期待されている。

しかし、彼はそのことをあまり気にしておらず、ひとつのチャンピオンシップで優勝することが自分の「最終目標」であり、その後にF1を「完了」すると述べている。

彼は、チャンピオンシップで1度優勝すれば、リタイヤまでに何回タイトルを獲得しようと問題にならないとしている。

マックス・フェルスタッペン

彼は、BBCの "Chequered Flag" ポッドキャストで、2021年チャンピオンシップで優勝した場合、その後の目標を聞かれて「F1ではそれほどない」と答えた。

「だって、それで終わりだから。完了したってことだ。1回勝ってしまえば、それ以上何回勝とうが大した問題ではない」

「もちろん、もっと勝ちたいとは思っているが、最終目標を達成すれば終わりだ。もちろん、それを達成するために一生懸命努力するし、その後はプレッシャーも少なくなる」

実際、彼はタイトルをひとつ手にしたら、F1以外で何を成し遂げたいかを考え始めるだろうと述べている。

「もちろん、楽しいドライビングをたくさんするだろう。おそらくF1以外で、達成するべきことをゆっくり考え始めるかもしれない」

しかし最近では、ハミルトンが過去2戦で優勝し、フェルスタッペンのリードを大幅に縮めているため、彼が今年、F1以外のことを考え始める可能性はますます低くなっている。

ハミルトンは、残りの2戦でもフェルスタッペンよりも強いマシンに乗る可能性が高く、それを考えると、ミカ・ハッキネンは、7度のワールドチャンピオンがフェルスタッペンを追っているという事実にもかかわらず、ハミルトンを有力視している。

ハッキネンは "Unibet" のコラムで「F1がテニスの試合なら、ブラジルとカタールで圧勝したので、『アドバンテージ、ハミルトン』と言うだろう」と述べた。

「マックス・フェルスタッペンは8ポイント差でワールドチャンピオンシップ首位に立っているが、メルセデスはこれに対し、ハミルトンに、タイトル防衛のために本当に戦えるマシンを与えた」

-Source: Planet F1