リアム・ローソン(アルファタウリ):2023年F1イタリアGP

リアム・ローソン(アルファタウリ):予選12位

「全体的には、僕たちはセッションを重ねるごとに進歩し、自信をつけた。限界を感じることもできるが、異なるコンパウンド間のグリップのステップアップを知ること、もし変更を加えたらそれがマシンにどう影響するかを知ることも重要だが、それには時間がかかる。2台ともQ3まであと少しだった、間違いなくQ3に進出できるポテンシャルを持っていたが、残念ながら、アロンソが僕の前でコースを外れたので、僕のライン上には砂利があった。でも、それとは関係なくタイトだったはずだ。いくつか改善ができたことを嬉しく思うが、今後さらに改善されると確信している。スタートには良いポジションだし、両マシンがとても接近しているので、明日のチームのポイント獲得についてはポジティブだ」

-Source: Scuderia Alphatauri