リアム・ローソン(アルファタウリ):2023年F1オランダGP

リアム・ローソン(アルファタウリ):2023年F1オランダGP

リアム・ローソン(アルファタウリ):2023年F1オランダGP

リアム・ローソン(アルファタウリ):予選20位

「まず、ダニエルのこの状況に同情する。特に彼のような素敵な人にとって、これは望ましくないことで、彼が早く回復することを願っている。F1でレースをするチャンスがあれば、両手でつかむだろう。だから、この与えられたチャンスにとても興奮している。3歳の時からやりたかったことなので感慨深い」

「今日はとてもトリッキーなコンディションで、非常に慌ただしかった。最初のセッションでインターミディエイトタイヤを履いてドライブしたのは初めてで、予想していたものとは違っていたが、なんとなくタイヤの挙動を学べたような気がした。予選のときは快適で、グリップもかなり上がっているように感じていたのだが、その後また雨が降ってきて、グリップが落ちるだろうと思っていたが、意外と高いグリップをキープしていたので驚いた。もちろんすべてを最大限に活用することはできなかった。マシンは快適だったが、このコンディションでは、マシンでこのトラックを学ぶのは難しい」

「体力的には今は大丈夫だと感じているが、トラックがウェットだとドライほど体力的に厳しくないので、レース中はもっとタフになると思っている。このトラックは間違いなくトリッキーでバンピーなところもあるので、自信が必要だが、すぐに自信を付けるのは難しい。もし明日がドライなら、まだ完全なドライコンディションでマシンを走らせたことがないし、ドライコンパウンドのタイヤでロングランをしたこともないので、新しいことをたくさん学ぶことになるだろう。できるだけ多くのことを学び、頑張りたい」

-Source: Scuderia Alphatauri