ランド・ノリス(マクラーレン)2021年F1アゼルバイジャンGP予選コメント

ランド・ノリス(マクラーレン):予選9位

「誰にとっても混乱した予選だったと思う。トラック上で中古タイヤで6位になったことはよかった。最終的に、僕らにはもっと上位になるポテンシャルがあった。赤旗が出る前、新しいタイヤに交換して最後のアタックをしているとき、すでにタイムを短縮していた。ペナルティを科せられてP9スタートになったことにがっかりしている。一番安全な行動をとったと感じているので、受け入れがたい。おかげで明日がもっと難しい状況になるが、バクーでのオーバーテイク機会を考えると、上位争いができるだろう。何ができるか見てみよう」

-Source: The Official Formula 1 Website
2021年06月06日
ランド・ノリス、グリッド3番降格ペナルティ
2021年06月05日
F1アゼルバイジャンGPフリー走行3回目
2021年06月05日
F1アゼルバイジャンGP予選