ジョージ・ラッセル(メルセデス):2022年F1エミリア・ロマーニャGPスプリント

ジョージ・ラッセル(メルセデス):スプリント11位

「今日はそれほど楽しめなかった。オーバーテイクが難しいので、ペースはよかったが、ストレート・ラインでのスピードがなかったので、順位を上げることができなかった。スプリント・レースはとても短いので、タイヤが劣化し始めて、ドライバーとマシンの差が生じて、チャンスが生まれる時間がない。最近は着実なスタートをしていたのだが、今日は僕たちらしくなくスタートがよくなかった。明日は作戦が鍵になるだろう。ライバルに対して何か違うことをしなければならない。それによって戦うチャンスが生まれ、順位を上げることができるだろう。これまでのところ難しい週末だ。タイヤのウォームアップが難しい。この状況を乗り越え、明日のチャンスを利用する必要がある」

-Source: Mercedes




F1ドライバーのスプリントコメント