ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)2021年F1アメリカGP決勝コメント

ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ):14位

「今日は楽しかったが、今週末はポイント圏内にチャレンジできるだけのペースがなかった。よいスタートで、20位から14位まで順位を上げたが、フェルナンド(アロンソ)とセバスチャン(ベッテル)を抑えておくのに苦労した。彼らに抜かれたあとは、長くて孤独なレースだった。全体的に難しい週末だったが、ライバルたちも無得点だったので、メキシコに向かいたい」

-Source: The Official Formula 1 Website