ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)2021年F1イタリアGP決勝コメント

ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ):9位

「セーフティカーが出動したとき、正しいタイミングで正しい場所にいたので、ピットレーンで順位をふたつほど上げることができた。その後の最終スティントでは、僕の前に本当に強いアロンソが、後ろにはオコンがいたが、差を維持することができた。過去4戦で3回ポイントを獲得したが、ある時点ではかなり信じられないことのように見えた。今日はあらゆるインシデントについて、やや幸運だったが、それでも僕らは正しい位置につけていて、それを活用することができた。最終的に、アルピーヌ1台とアストンマーティン1台、アルファロメオ2台に勝つことができた。だからこの勢いを続ける必要がある。またマクラーレンは本当によくやったと言いたい。ダニエルとランドは本当に素晴らしいドライバーだし、彼らの1-2フィニッシュはかなり画期的だ」

-Source: The Official Formula 1 Website