ダニエル・リカルド(マクラーレン):2022年F1アブダビGP

ダニエル・リチャルド(マクラーレン):9位

「マクラーレン最後のレースでポイントを獲得できたことを本当に喜んでいる。今のペースでは最大限のことをしたように感じる。フロントタイヤを機能させ続けるのに苦労していた。そこが最大の制限で、少し厄介だった。オーバーテイクについては、守れるときは守り、攻められるときは攻めたので、その点に関してはかなり満足している。終盤、ベッテルがかなりすぐに追いついてきたので、彼を抑えようとした。それでタイヤがダメになったと思うが、守りきってポイントを獲得できたので、嬉しい」

「シーズンの終わり方としてはよかった。チーム全体に心から感謝する。レース後、ダッシュボードに素敵なメッセージを書いてくれたのはクールだった。ありがとう。山あり谷ありだったが、このチームでランドと一緒にレーシングして、マクラーレンを誇らしくさせるような時間を過ごせたのは楽しかった。これまで僕をサポートしてくれたみなさん、ありがとう。パパイヤ集団と、トラックサイドとウォーキングにいる全員には、感謝してもしきれない。マクラーレンでは最後のレースだったが、次がどうなるか楽しみにしている。来シーズンのチームの活躍をお祈りしている」

-Source: The Official Formula 1 Website



F1ドライバー決勝コメント