シャルル・ルクレール(フェラーリ):2022年F1アゼルバイジャンGP

シャルル・ルクレール(フェラーリ):リタイヤ

「僕らにとって期待外れの結果だ。ミディアム・タイヤを使った最初のスティントの序盤、僕らはあまり強くなかったが、スティントの終盤にはチェコに追いつき始めた。バーチャル・セーフティカー中は、チャンスをとらえてピットインし、ハード・タイヤに交換したが、これは正しい判断だった。レースの首位に立てる位置についたので、そこからは最後までタイヤを管理することに集中しなくてはならなかった。するとパワー・ユニットに問題が生じ、リタイヤせざるを得なかった。カナダ前に、自宅に戻って休養するときだ。状況を理解し、カナダではもっと強くなっている必要がある」

-Source: The Official Formula 1 Website


F1ドライバー決勝コメント