シャルル・ルクレール(フェラーリ)2021年F1アゼルバイジャンGP決勝コメント

シャルル・ルクレール(フェラーリ):4位

「バクーに来る前に、レースの順位として予想していたのは4位だった。週末の最初の驚きは、ポール・ポジションだった。ふたつ目の驚きは、中団のライバルたちが今日はものすごく速かったことだ。先頭からスタートしたが、上位2チームのマシンにオーバーテイクされるとわかっていたし、実際にそうなった。最初のピットストップ後、できるだけよい仕事をしようと頑張った。最初のセーフティカー出動後のリスタートではロックアップしてしまった。フラットスポットを二つつくって走り続けるのは、レースで一番難しい部分だった。最後まで走れないだろうと本当に考えていた。すると赤旗が出たので、表彰台のことを考えた。でも残念ながら、表彰台には届かなかった。セブは素晴らしい仕事をした。おめでとう。ピエールも素晴らしい仕事をした。彼とは終盤に激しいバトルをした! 正しい方向に向かって攻め続けるつもりだ」

-Source: The Official Formula 1 Website
2021年06月06日
F1アゼルバイジャンGP決勝レース