シャルル・ルクレール(フェラーリ)2021年F1アゼルバイジャンGP予選コメント

シャルル・ルクレール(フェラーリ):予選1位

「とても嬉しい。一歩一歩、着実に進めていこうとしたし、今日はQ3でしか攻めなかった。それがかなりうまく行ったようだ。いい基準点があった。どこでタイムを短縮できるか、どこでもっと攻められるかわかっていたので、その通りにした」

「最初のアタックのあとそこそこ満足していたが、ターン4-5-6でかなりタイムをロスした。2回目のアタックの時はかなり速かったが、セッションが赤旗で中断した。しかしいずれにしろポール・ポジションを獲得したので、そのことについてはとても嬉しい。僕らのレース・ペースは、チャンピオンシップ順位上位のライバルたちほど強くないので、レースで彼らを抑えておくのはとても難しいと思う。ここではストレートがとても長いし、オーバーテイクが簡単だ。全力を尽くして、明日はポジティブなサプライズを起こしたい」

-Source: The Official Formula 1 Website
2021年06月05日
F1アゼルバイジャンGPフリー走行3回目
2021年06月05日
F1アゼルバイジャンGP予選