カルロス・サインツJr.(フェラーリ):2022年F1アゼルバイジャンGP予選

カルロス・サインツJr.(フェラーリ):予選4位

「最終結果にもかかわらず、僕としてはかなりポジティブな1日だった。マシンの感触がよかったし、気楽に限界まで攻めることができた。セッションを通じて進歩したし、最終アタックの前は僕が最速だった。トップ争いは熾烈だったので、最後のアタックではリスクを冒さなくてはならないとわかっていた。それがうまく行く時もあれば、今日のように、よい結果を出せないこともある」

「他のサーキットと違い、ここバクーではスタート順位がそれほど重要ではないし、明日は何が起きるかわからない。レース中に攻めて順位を上げ、好結果を残したい。チームは今日も素晴らしいマシンを与えてくれたので、みんなとシャルルにおめでとうと言いたい」

-Source: The Official Formula 1 Website



F1ドライバー予選コメント