FIA旗、FIAロゴ

F1チームの本拠地がある国によって新たに科せられた渡航制限の発表を受けて、トルコからの帰国に影響が出るため、F1は本日(5月14日)、2021年カレンダーへの影響の最新情報を提供する。

トルコのプロモーターおよび関連する利害関係者との議論を経て、6月11日~13日にトルコでレースを開催することが不可能になった。プロモーターは、同様の要請をしていた中国とともに、可能であればレースをシーズン後半に再開催する機会を検討するよう要請していた。

そのため、オーストリアで2戦連続で開催することになった。1戦目のシュタイヤーマルクGPは6月25~27日に、オーストリアGPは最初の日程通り7月2日~4日に開催される。その結果、フランスGPは1週早まり、6月18~20日に移動する。イベントの全チケットは新日程でも利用可能である。つまり、2021年シーズンは予定通り23戦開催される。

この数日間、サポートと、現在の渡航情況により6月のレースが不可能であると認識に至ったトルコのプロモーターに感謝する。また融通を利かせてプロヴァンス-アルプ-コート・ダジュール地域およびフランスGPのプロモーター、2020年オーストリアでの2戦の大成功を受け、急な要請に応えて2戦目を開催する熱意を示してくれたオーストリアのプロモーターにも感謝する。

現在のCOVID-19の状況は流動的であり、我々はプロモーターやチームとともに状況を見守り続けるが、F1は今回もこういった難問に取り組み、シーズンに対する影響を素早く低減する能力を再び証明した。また我々は、来週末のモナコに収容人数の40%の観客が戻ってくることも喜んでいる。

F1コミュニティは、今シーズンも厳格な安全対策の下、移動を続ける。この安全対策のおかげで、2020年は12ヶ国に安全に移動し、17戦を開催することができた。対策は非常に効果的で、昨シーズン7万8,000回のCOVID-19検査を実施したところ、陽性結果はわずか78例(0.1%)だった。今シーズンこれまで、1万7,000回の検査を実施し、陽性は15件(0.1%)である。また複数のチームはワクチン接種も受けており、10チーム中7チームの本部がある英国ではワクチン接種が開始されている。我々はF1職員および訪問先のコミュニティの安全性を守れるような運営を継続していく。

ステファノ・ドメニカリ F1社長兼CEO

「我々はみなトルコでレースをするのを楽しみにしていたが、渡航制限が科されたため、6月に訪問することができなくなった。F1は今回も、事態の進展に迅速に対応し、解決策を見つけることができた。オーストリアでダブルヘッダーを開催できることを嬉しく思うし、今シーズンは23戦を維持できる」

「この数週間、努力してくれたトルコのプロモーターと当局に感謝したい。また、この解決策を調整するために、スピード、融通性、熱意を見せてくれたフランスとオーストリアのプロモーターにも感謝したい。今年の最初から、他のプロモーターすべてと非常によい対話をしており、この期間も密接に協力を継続する」

-Source: FIA