F1技術解説:メルセデスがモナコで苦戦した理由とシルバーストーンが次善の策になる理由

メルセデスはモナコでスペインと同じようなペースを楽しめなかった。その理由をマーク・ヒューズが検証し、今後のグランプリを展望してシルバーアローがどこで挽回できるのか考える。

メルセデスW13のモナコGPでの不調について、ルイス・ハミルトンは「なんとなく予想はしていた」と語った。

「前回のレースではとにかく低速(セクション)があまりよくなかった。レースでは問題なかったけど、1周ではダメだった。だから、ここでは難しいだろうと予想していた。しかし、バンプのせいで、予想していたよりも悪かった。低速でも、中速でも、高速でも、どこでも、僕らはひどくバウンド(上下動)していた。とてもチャレンジングだった」

これは、バルセロナまでマシンが悩まされ、スペインでほぼ修正された空力学的ポーポイズ現象(ポーポイジング)ではなかった。今回はまた別物で、マシンに非常に独特なコンセプトの結果だった。

モナコでは、地面にぶつかるのを防ぐために、サスペンション・コンプライアンスが十分ではなかった。これは機械的な限界だったが、非常に硬い空力プラットフォームをベースに開発されたサスペンションがもたらしたものだった。

モナコでの金曜フリー走行における予選シミュレーション・ペースのチャート:2022年F1モナコGP
モナコでの金曜フリー走行における予選シミュレーション・ペースのチャート


2022年型はタイヤのサイドウォールが浅いため、サスペンションが以前よりもかなり大きく振動減衰をしなければならない。モナコGPでは、メルセデスのリア・サスペンションが苦戦しているように見えた。

空力学的プラットフォームを安定させ、ダウンフォースを最大化し、高速トラックで見られるポーポイズ現象を抑えるために、マシンのスプリング剛性が非常に高く設定されている。モナコでは、バネ(スプリング)をもっと軟らかくしたり、バンプを抑え込むことは不可能だった。おそらくサスペンション・ジオメトリが十分ではなかったのだろう。

その結果、シーズン序盤に苦しめられたのとは違う問題が発生したが、それはあらゆる点を弱体化させる問題だった。マシンはバンプで地面に激突し、サスペンションのコンプライアンス不足が痛手となった。

2022年モナコGPのFP3:ハミルトンはスイミングプールのセクションでメルセデスのコントロールを失いかけた
2022年モナコGPのFP3:ハミルトンは、スイミングプールのセクションでメルセデスのコントロールを失いかけた。


しかし、これがきっかけで、マシンの欠点が次々と見つかった。リア・サスペンションのトラベルをを使い切ったときの底打ちを最小限に抑えようと、チームはリアの車高を通常の市街地トラックよりもさらに上げた。それにより、リヤのダウンフォースが犠牲になった。

しかし、このようなタイトなコーナーで速く走るためには、ドライバーはフロント・エンドの応答性が必要だ。メルセデスが今回、旧型(マイアミ以前)のフロント・ウイングに戻したのは、前車軸(フロントアクスル)に直接ダウンフォースを与えることで、その応答性を高めるためだ。マイアミで導入されたフロント・ウイングはアウトウォッシュに優れ、リアの空力学を助け、総ダウンフォースを増加させるが、フロント・ウイングから直接生成されるダウンフォースは少ない。

旧ウイングは、ルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルに、モナコの街路で必要な初期応答を与えたが、これほど高いリア車高で走らせると、おそらくリア・エンドは今以上に気まぐれになってしまったのだろう。

円内は、メルセデスが採用したマイアミ以降のフロント・ウイング仕様(上)のカットアウト(切れ込み)。モナコでは以前の仕様(下)を使用した:2022年F1
円内は、メルセデスが採用したマイアミ以降のフロント・ウイング仕様(上)のカットアウト。モナコでは以前の仕様(下)を使用した。

フロントタイヤの周りやマシン全体の空気の流れをよりよくアウトウオッシュするエンドプレート底部の極端な切り欠きがないため、モナコで使用された旧フロント・ウィングは、その気流を幅全体にわたって維持する。

ウィングは、上面と下面の気圧差によってダウンフォースを生じる。新ウィングのように、外縁で気流の一部を放出すれば、その気圧差が小さくなる。

ハミルトンは予選後「リアのダウンフォースが弱い」と認めた。

「(ダウンフォースは)フロントはたくさんあって、リアには何もない」

W13については、そのコンセプトのなかにモナコで満足できるセットアップ枠がないように見える。バクーとモントリオールという、低速コーナーを持つトラックが続くので、マシンがバルセロナのようなパフォーマンスを見せるのはシルバーストンになるだろう。

-Source: The Official Formula 1 Website

メルセデスW13技術解説 関連記事