F1パワーランキング 2021年第6戦アゼルバイジャンGP

2021年のアゼルバイジャンGPは、最後の5周で衝撃的な展開になり、セルジオ・ぺレスがレッドブルで初優勝を果たし、セバスチャン・ベッテルとピエール・ガスリーが表彰台に上がった。今回のF1パワーランキングでは、この3人のドライバーからトップが出たが、それは誰か、スコアを見てみよう。

ランキングの仕組み
・グランプリ後に6人の審査員が、各ドライバーについて評価し、マシンの性能を差し引いた週末全体のパフォーマンスを10点満点で採点する。
・その後、審査員の採点を平均し、レース・スコアとする。そのスコアをシーズンを通じて「パワーランキング・リーダーボード」に集計する。

F1パワーランキング 2021年第6戦アゼルバイジャンGP
F1パワーランキング 2021年第6戦アゼルバイジャンGP

2021年F1パワーランキング・リーダーボード
2021年F1パワーランキング・リーダーボード

2021年F1パワーランキング・トップ10
順位 シーズン平均点 ドライバー (コンストラクター)
01. 09.0 マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
02. 08.6 ランド・ノリス(マクラーレン)
03. 08.4 シャルル・ルクレール(フェラーリ)
04. 08.1 ルイス・ハミルトン(メルセデス)
05. 07.6 ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
06. 07.5 カルロス・サインツJr.(フェラーリ)
07. 07.4 エステバン・オコン(アルピーヌ)
08. 07.1 セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
08. 07.1 アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)
10. 06.9 ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)

-Source: The Official Formula 1 Website
F1アゼルバイジャンGP
決勝レース | ランキング | パワーランキング