F1レース先導周回数トップ5ドライバー:2021年F1バーレーンGP後のラップリード記録

ルイス・ハミルトンは、2021年F1開幕戦のバーレーンGPで、ミハエル・シューマッハのレース先導周回数記録を43周目に抜いて新記録(5112周)を達成した。ハミルトンはバーレーンで最終的に記録を5126周まで伸ばした。

F1レース先導周回数トップ10ドライバー
順位 周回数 ドライバー
01. 5126 ルイス・ハミルトン
02. 5111 ミハエル・シューマッハ
03. 3495 セバスチャン・ベッテル
04. 2987 アイルトン・セナ
05. 2684 アラン・プロスト
06. 2091 ナイジェル・マンセル
07. 1943 ジム・クラーク
08. 1919 ジャッキー・スチュワート
09. 1767 フェルナンド・アロンソ
10. 1600 ネルソン・ピケ
2021年03月29日
F1バーレーンGP決勝 ルイス・ハミルトン優勝
43周目
ハミルトン、レース先導周回数新記録(5112周)達成、シューマッハの記録を抜く
ルイス・ハミルトン、レース先導周回数新記録(5112周)達成、シューマッハの記録を抜く:2021年F1バーレーンGP