ピレリ、2027年までF1の独占タイヤサプライヤー継続

F1は、2027年までのワールドチャンピオンシップの独占タイヤサプライヤーおよびグローバルタイヤパートナーとしてピレリを選んだ。さらに1年間延長するオプション付きである。

イタリアのメーカーは2011年に単独サプライヤーとしての役割を担い、今回の契約(延長の可能性を含む)が終了する時点で、18シーズンF1に参戦することになる。

その間、ピレリは、2011年に13インチの高劣化タイヤ(ハイデグラデーションタイヤ)、2017年に幅広タイヤ(ワイドタイヤ)、そして2022年に現在の18インチラバーを導入するという要求を含む、一連の競技面および技術面の変化に対応してきた。

F1は声明で「この期間、ピレリはドライバー、チーム、FIA、F1と常に積極的に関わり、優れたレースを可能にするタイヤを提供し、データを分析し、製品を毎年継続的に改善するためのフィードバックを収集してきた」と述べた。

ピレリは2011年シーズンからF1にタイヤを供給している
ピレリは2011年シーズンからF1にタイヤを供給している。

F1は2030年までにネットゼロカーボンを達成することを目標に掲げているが、ピレリはF1が設定した持続可能性(サステイナビリティ)目標のサポートの一環として、持続可能なタイヤソリューションの研究開発に重点を置いている。2024年からは、F1で使用されるすべてのタイヤがFSC(森林管理協議会)の認証を受けることになる。

これは、FSCがタイヤの原材料となる森林の植生地が生物多様性を保全し、経済的持続可能性を確保しながら地域社会と労働者の生活に利益をもたらす方法で管理されていることを確認したことを意味する。



-Source: The Official Formula 1 Website