ハミルトンは、トルコ終盤のメルセデスのピットストップ指示に激怒したが、もし彼が走り続けていたらどうなっていただろうか?:F1レース詳細解説

レース終盤のピットストップを終えて戻ってきたルイス・ハミルトンは、順位をふたつ落として5位になったことに取り乱した。10位のエステバン・オコン(アルピーヌ)のように、ハミルトンは消耗したインターミディエイトで走り続けたかったし、ピットストップなしでレースを完走できたと感じていた。

メルセデスは、9周前の時点ではピットインを指示されたハミルトンが走り続けることを認めたが、今回はピットストップを主張した。ハミルトンは、チームの判断が間違っていたと確信していた。彼が無線で「言ったよね。走り続けるべきだったんだ」と無線で主張しているのを聞いた人もいるだろう。

しかし残り8周の時点で、ハミルトンが知ることができなかったことがある。チームのレースシミュレーションツールの情報と、右リアのインターミディエイトタイヤの状態だった。

ハミルトンは、日曜日にチャンピオンシップのリードを失い、苛立った:2021年F1トルコGP
ハミルトンは、日曜日にチャンピオンシップのリードを失い、苛立った。

ヴァルテリ・ボタスがポール・トゥ・ウィンという非の打ちどころのないパフォーマンスを見せ、マックス・フェルスタッペンのレッドブルを終始抑えた一方で、もう1台のメルセデスのレースは、ルイス・ハミルトンが新しい内燃機関を搭載したことでグリッド10番降格ペナルティを受けたことで、必然的に複雑なものになった。

スタートで全員が履いていたインターミディエイトタイヤは、レースの58周のうち15周ほどで溝がすり減っていたが、その後もまだ十分な寿命が残っていた。水たまりがなく、路面が均一に湿っているため、水を分散させるための溝は必要なく、数ミリのトレッドゲージが残っていれば、タイヤは温かいままでグリップがあった。

レース前の予想では、ある時点で霧雨が止んで、スリックタイヤが履けるほど路面がドライになると思われていた。しかし、その瞬間は訪れなかった。残り20周ほどで雨が止んだ後も、コースの一部にはドライ・ラインが生じただけだった。レッドブルは36周目にフェルスタッペンをピットインさせ、先頭のボタスを含むほとんどのドライバーがそれに続いた。しかし、(今や先頭になった)フェラーリのシャルル・ルクレールや4位のハミルトンは追従しなかった。

ルクレールは、このまま走り続けていてはレースに勝てないのではないかと考え始めた。新しいインターミディエイト・セットは、摩耗したセットよりも1周あたり2秒ほど速くなる可能性があるものの、最初の4~5周はリアがグレイニングを発生しないように慎重に扱わなければならなかった。そのため、ボタスやフェルスタッペンは、ルクレールやハミルトンよりも大幅に速いラップタイムを出すことはできなかった。そのため、一時的にノンストップの選択肢も可能に見えた。


タイヤ交換後、ルイス・ハミルトンはピットの判断に不満爆発。
ハミルトン「今の順位は?」
チーム「現在5位」
ハミルトン「ピットインするべきじゃなかったよ」
ハミルトン「ひどいグレイニングだ」
ハミルトン「言ったよな!」
<このTwitter動画は外部に飛びます>

しかし、中古タイヤの使用済みのゴムがどの程度摩耗しているのかについて、ピットでは知りようもない。チームが最初に警告を発するのは、温度が急に下がってそのままになっているのを見たときだ。トレッドにゲージが残っていないので、タイヤが下にある構造物まですり減り、使い物にならなくなってしまう。そして、機能しなくなる可能性がある。

ルクレールのリアが最初にダメになり、数回ロックアップした後、ボタスに追いつかれ、抜かれてしまった。賭けに失敗したフェラーリはルクレールをピットインさせ、セルジオ・ペレスの前で4位に復帰し、ハミルトンを3位に押し上げた。これが47周目だった。

41周目、メルセデスはハミルトンにピットインを指示したが、彼はその時、走り続けると主張した。チームとしては、タイヤが持ちこたえれば3位でフィニッシュできそうだし、終盤にスリックタイヤが履けるほどドライになれば、優勝も狙えるかもしれないので、ハミルトンの続行について楽観していた。

メルセデスのアンドリュー・ショヴリンは「もしドライになったら、ルイスは突然、優勝争いに復帰することになる。なぜなら、彼は余分のピットストップをしなくてすむので、かなりタイムを稼ぐことができるからだ。そして、実際にインターミディエイトで最後まで走り、そうすることで3位になることができるだろうか?」と説明した。

ハミルトンはチームの作戦上の判断を信頼し、最終的にピットインした。しかし3位を維持するにはタイミングが遅すぎた:2021年F1トルコGP
ハミルトンはチームの作戦上の判断を信頼し、最終的にピットインした。だが、3位を維持するにはタイミングが遅すぎた。

しかし、ルクレールのタイヤのゴムが死んだ頃、メルセデスにはすでに心配な兆候が現れていた。ハミルトンのリア・タイヤの温度が下がって最低となり、その間に、先にストップしたチームが新タイヤをデリケートな段階でいたわり、ペースを上げていた。

ショヴリンは「スリックに適した状況になることはないことが明らかになり始めた。そして、我々の戦略ツールは、走り続けていれば、ペレスとルクレールに抜かれることを示していた」と続けた。

ハミルトンが41周目にピットインしていたら、3位になっていた可能性が高い。50周目のピットインの指示を無視していたら、タイヤが壊れたかもしれない(右リアがキャンバスまですり減り、ピレリのマリオ・イソラは残りの8周を走りきることができないと考えていた)、いずれにしろペレスとルクレールに抜かれていたかもしれない。

メルセデスのピットウォールでは、ハミルトンよりも早く、走り続けるという賭けがすでに失敗したことが明らかになっていた。今や、彼は戦略的にどっちつかずの状況に陥っていた。もし彼がピットインしていなければ、もっとひどいことになったかもしれない。なぜなら、その1周後にピットインしていれば、ハミルトンよりも2秒速くラップタイムで走っていたピエール・ガスリーの後ろで合流していたからだ。

ショヴリンは「いずれにしろ、ルイスのタイムが少し落ちていることはわかっていた。でも、(レース・シミュレーションの)プランナーによると、ピットストップすることで失う順位は、トラックでどのみち失われることが突然わかった。そして、タイヤが本当にダメになると、もっと順位を落とすリスクもあった。だから、あまり欲張らずに損失を食い止めることにした」と語る。

シャルル・ルクレールは、インターミディエイト交換のためにピットインするまでは、一時的に優勝の可能性もあった:2021年F1トルコGP
シャルル・ルクレールは、インターミディエイト交換のためにピットインするまでは、一時的に優勝の可能性もあった。

ノンストップで10位になったエステバン・オコンでさえ、メルセデスが直面したかもしれない問題を明らかにした。オコンは、残り5周のところでアストンマーティンのランス・ストロールに抜かれ、残りの5周で17秒も差をつけられてしまったのだ。

ショヴリンは「それだけすぐに落ちてしまうということだ。まさにそのことを考えていた。そこがうまくいかないところだ」と語る。

ワールドチャンピオンシップの戦いにおいて、これらは非常に危険性の高い判断である。今回は賭けに出て、それがうまくいかなかったが、行動を起こすことでさらなるダメージを抑えることができた。順位を落としたという感情が薄れると、ハミルトンはこの判断の背後にある論理を理解できるようになるだろう。

メルセデスのアンドリュー・ショヴリンは「チャンピオンシップ争いでは、リスクをとるのをやめ、損失を食い止めなければならないポイントがある」

「そして、こういった判断を下すのは難しいが、強気でなければならないし、判断を下さなければならない」とまとめた。

-Source: The Official Formula 1 Website


2021年F1トルコGP コラムとチーム分析