ルイス・ハミルトン(メルセデス)優勝:2021年F1カタールGP

ハミルトンは古いエンジンで圧倒的な速さを見せた

ルイス・ハミルトンが、予選パフォーマンスを含むカタールGPでの圧倒的な強さは、メルセデスの予想を覆した。アンドリュー・ショブリンは、彼が「あれほど先行した」理由を「何をもってしても説明できない」と語っている。

ハミルトンは、2回連続で予選で圧勝し、F1タイトル争いをしているライバルのマックス・フェルスタッペンにほぼ0.5秒の差をつけた。

そして彼は、最初から最後までグランプリを先導した。一方フェルスタッペンは、予選でのイエローフラッグ違反によるグリッド降格ペナルティを受けた後、7位から2位まで挽回した。

メルセデスのトラックサイド・エンジニアリング・ディレクターのアンドリュー・ショブリンは、ハミルトンのレース・パフォーマンスは「ある種、古典的にコントロールされたレース」だったが、予選でのパフォーマンスが際立っていたと述べた。



ルイス・ハミルトン(メルセデス)2021年F1カタールGP

アンドリュー・ショブリン

ハミルトンの予選での圧勝に驚いたかと聞かれたショブリンは「あの差に驚いた。ここでは強いはずだと思っていたが、このトラックは、我々がおそらく最も心配していた最後の3戦のひとつだった」

「だが、土曜朝から、ルイスがすべてコントロールしているように見えた」

「差が0.1秒あるいは0.2秒になるのか、予想するはとても難しい。それでもかなり立派な差だ」

「そのような差になるとは思っていなかった。しかし最後のアタックですべてがうまくいった。ターン1がよかったし、彼は、そこからあとは流れるようだったと言っていた」

「しかし彼はあの時、本当にゾーンに入っていた。我々はシミュレーションをすることができるが、彼がマックスにあれほど差をつけた理由はわからない」

「基本的に、あれは彼の力だった。本当に深く掘り下げ、必要なことをしたんだ」

メルセデスは、ブラジルで導入した新しいパワーユニットではなく、3戦を走った「パワーの低い」別のエンジンをハミルトンのマシンに搭載したが、このような優位性があった。

メルセデスがこの選択をしたのは、ロサイルのトラックが、サウジアラビアとアブダビの2戦に比べ、パワーの影響を受けにくいからである。

マシンに関して、ショブリンは、ヴァルテリ・ボタスが「最終的にルイスが向かう方向性」のセットアップを確立するという「素晴らしい仕事」をしてくれたと述べた。

メルセデスとレッドブルの間のパワーバランスは、シーズンを通じて揺れ動いているが、ハミルトンは、5月初旬のポルトガルGPとスペインGP以来、初めての連勝を果たし、フェルスタッペンとの点差を8ポイントに縮めた。

フェルスタッペンがアメリカとメキシコでの連勝で、タイトル争いで優位に立ったが、過去2戦におけるハミルトンの強烈な反撃により、勢いはハミルトンの方に戻ってきた。

ルイス・ハミルトン(メルセデス)優勝:2021年F1カタールGP

ルイス・ハミルトン

ハミルトンは「1年が経つにつれて、マシンのことをよりよく理解している。アップグレードを導入しなくても、パッケージからより多くのパフォーマンスを引き出すことができるようになった」と述べた。

「シルバーストン以降、アップグレードはしていないので、僕らが少しずつ改善しているのは、かなり驚くべきことだ」

「明らかに、2台のマシンはとても接近している。だから素晴らしいバトルになると思う」

「でも、この2戦では、僕らの方が全体的によい仕事をすることができたと思う」

フェルスタッペンとボタスは、カタールでグリッド降格ペナルティのため順位を下げたので、ハミルトンのレース序盤の唯一の脅威は、ソフトタイヤを履いたピエール・ガスリーとフェルナンド・アロンソをスタート時に抑えることだった。

ハミルトンはそれに成功し、フェルスタッペンは2位に順位を上げるまでに少し時間がかかったので、ハミルトンには危険がなかった。

「全体的に、大きな脅威があるとは感じなかった」

「スタートで先頭に立ち、そのあとは差を縮めようと集中した」

「ターン6に入った時、マックスが4位になっているのが見えた。だから彼が僕のチームメイトをすでに抜いたとわかった。そのときは、ヴァルテリがあれほどひどいスタートをしたのを知らなかった。でもそのあとは、チームのためにポイントを最大限にすることに集中した」

「だから僕は強気だった。彼らもまずまずのペースがあったと思うが、僕はペースを管理することができたので、問題はなかった」

-Source: The Race