メルセデス、ボタスのタイヤをブラックリーのファクトリーでやっと取り外す:F1モナコGP

2021年モナコGPでは、メルセデスのドライバー、ヴァルテリ・ボタスが、ホイールナットが右フロントホイールに詰まってリタイヤするという異例の事態が起きた。

グランプリ中、ドライバーは2セットのタイヤを使用しなければならないことを考えると、チームが現場で問題を解決できなかったため、ボタスはリタイアを余儀なくされた。

しかし、ボタスのメルセデスW12がブラックリーにあるチームのファクトリーに戻り、このタイヤを取り外す作業が行われた。

-Source: RacingNews365
2021年05月25日
メルセデス、ボタスのマシンにホイールがついたまま、ファクトリーでしか外せないことを明かす:F1モナコGP