小松礼雄(ハースF1チーム代表)

マネーグラム・ハースF1チームは、過去10年にわたりチームの運営を率いてきたギュンター・シュタイナーが即時退任することに伴い、小松礼雄(こまつ あやお)を新チーム代表に任命した。エンジニアリングディレクターから昇格した小松は、2016年のデビューシーズンからチーフ・レース・エンジニアとしてチームに在籍していた。

エンジニアリングとマネジメントの両面で20年以上のF1経験を持つ47歳の日本人エンジニアは、ブリティッシュ・アメリカン・レーシングでモータースポーツのキャリアをスタートさせ、その後ルノーに長く在籍した。小松は今後、チーム代表としてすべての事業の競技分野を監督する。

小松は、チームの全体的な戦略、さらに従業員の強化、構造的なプロセスと効率を通じてチームの可能性を最大化するための方針を定め、最終的にはトラック上のパフォーマンスに責任を負う。

トラック外でのチーム運営をさらに強化し、小松がチーム代表としてパフォーマンスを重視する取り組みを支援するため、ヨーロッパを拠点とするチーフ・オペレーティング・オフィサーが任命され、ハースF1チームの競技以外のすべての案件および部門を管理する。この任務の拠点は、ハースF1チームのイギリス・オックスフォード州バンベリー施設になる予定である。

小松礼雄とジーン・ハース:ハースF1チーム
小松礼雄とジーン・ハース

ジーン・ハース(ハースF1チームのチームオーナー)

「まず、ギュンター・シュタイナーの過去10年にわたる努力に感謝し、彼の今後の活躍を祈りたい。組織として前進するためには、トラック上でのパフォーマンスを向上させる必要があることは明らかだった。小松礼雄をチーム代表に任命したことで、我々は根本的にエンジニアリングを経営の中心に据えることになった」

「我々は多少の成功を収めているが、組織としてより大きな目標を達成するためには、一貫した成果を出す必要がある。今あるリソースを効率的に使う必要があるが、設計とエンジニアリングの能力を向上させることがチームとしての成功の鍵だ。礼雄と協力し、根本的に我々のポテンシャルを最大限に発揮できるようにすることを楽しみにしている。これは、F1で本格的に戦いたいというわたしの願望を如実に反映したものだ」

小松礼雄

「ハースF1チームのチーム代表に就任する機会を得たことは、わたしにとって大きな喜びだ。2016年のF1デビュー以来、このチームのF1での成功に情熱を注いできた。我々のプログラムと様々な競技運営を社内で指揮し、トラック上でのパフォーマンスを向上させる体制を構築できることを楽しみにしている」

「我々は成果主義のビジネスだ。最近、競争力が十分でなかったことは明らかで、それが我々全員のフラストレーションの原因になっている。我々は、ジーンやさまざまなパートナーから素晴らしいサポートを受けている。改良されたマシンで彼らの熱意を反映させたいと考えている。我々はカナポリス、バンベリー、マラネロに素晴らしいチームを擁しており、力を合わせれば可能な限りの結果を達成できると確信している」

2024年FIA F1ワールドチャンピオンシップは、2月21日から23日にかけてバーレーン・インターナショナル・サーキットでシーズン前テストが行われ、2月29日から3月2日に同サーキットで開幕戦バーレーンGPが開催される。

-Source: Haas F1 Team