アストンマーティン、2022年もベッテルとストロール:チーム公式発表

アストンマーティン・コグニザントF1チームは、2022年ドライバー・ラインナップを変更せず、ランス・ストロールとセバスチャン・ベッテルが継続することを発表する。

ランスとセバスチャンは、アストンマーティンF1チームにとって不可欠な存在になった。このふたりのドライバーに率いられてF1の新時代を迎えることを楽しみにしている。

ランス・ストロール(アストンマーティン)

ランス・ストロール(アストンマーティンF1チーム・ドライバー)

「来シーズンは、チームメイトのセバスチャンと一緒に、F1で6年目を迎えることになる。僕らは、このアストンマーティンF1チームのキャンペーンを一緒に始めたが、来年も彼と一緒に旅を続けることをとても楽しみにしている。今年は目標を達成できていないが、来シーズンの成功に向けて、意欲はますます高まっている。アストンマーティンの威信とサポート、そして一流ブランドが引き寄せた素晴らしい新スポンサー/パートナーを得て、今の僕らは2022年のパフォーマンスを向上させるのに有利な立場にある」

セバスチャン・ベッテル(アストンマーティン)

セバスチャン・ベッテル(アストンマーティンF1チーム・ドライバー)

「新世代のF1マシンでレーシングをするのを本当に楽しみにしている。見た目が大きく変わり、新しい技術規約によって今までよりも接戦のレースができるようになるだろう。よりエキサイティングなレーシングは、ドライバーにとってもファンにとっても素晴らしい。変化がとても大きいので、どのチームもゼロからスタートすることになる。だから、僕らアストンマーティンF1チームにとって素晴らしいチャンスになるだろう。成長しているチームの力を信じているので、今から2022年が楽しみだ」

ローレンス・ストロール(アストンマーティン・ラゴンダおよびアストンマーティン・コグニザントF1チーム取締役会長)

「アストンマーティンF1チームにとって最初のシーズンは、冬の間の規約変更により、低傾斜角(ローレーキ)の空力学的理念を採用する2チームにとっては不利な状況になった。しかし、我々は過去2ヶ月間で順調に進歩し、ランスとセバスチャンは素晴らしいパフォーマンスを見せている。ふたりは不運に見舞われることが多かったが、このように若い才能と経験豊富な専門知識という素晴らしい組み合わせを2022年も継続できることを嬉しく思う」

オトマー・サフナウアー(アストンマーティンF1チーム チーム代表兼CEO)

「ランスは、現代のF1において最も才能豊かなドライバーのひとりであり、その才能に加えて、今では本格的なレース技術を身につけている。4度のワールドチャンピオンで、グランプリ出走271回、優勝53回のセバスチャンもまた、我々のチームにとって大きな財産である。来年は、現在とはまったく異なる方式の中で、ふたりがよいレースをしてくれることを期待している。我々はライバルを過小評価することはないので、過剰な期待をするつもりはないが、ランスとセバスチャンは、我々が用意したツールから最高のものを得ることができると確信している」

ブライアン・ハンフリーズ(コグニザントCEO)

「コグニザントのブランドを世界的に拡大することに注力している当社にとって、アストンマーティンとの戦略的パートナーシップは、顧客の経営幹部レベルへのアクセスを拡大するとともに、求人活動を後押しするものである。ランスとセバスチャンは素晴らしいドライバーであり、彼らが世界の舞台でコグニザントを代表する姿に感銘を受けている。コグニザントは、アストンマーティンのITオペレーションをサポートするために、そしてセブとランスのレースでの活躍に貢献するために、当社のデジタル機能のポートフォリオを活用するのを楽しみにしている」

-Source: Aston Martin F1 Team