アストンマーティンF1チーム、再検討の権利を要請し、控訴手続きを開始:公式発表

8月1日に開催されたハンガリーGPで、セバスチャン・ベッテルが2位でフィニッシュしたあと、レース終了後のマシンから1.0リットルの燃料サンプルを採取すること(FIAのF1技術規約で定められた要件)ができなかったため、失格となった。

これは、ベッテルのアストンマーティンF1チームのAMR21マシンが、いわゆる技術違反からパフォーマンス上の優位性を得た、またそれが意図的だったことを示唆するものではない。

チームのデータによると、レース後のマシンには1.0リットルを超える燃料(データによると1.74リットル)があったため、チームは直ちに控訴する権利を留保し、裁定に関してFIAスチュワードの決定時には入手できなかった重要な新証拠を発見したため、控訴手続きと並行して再検討の権利を要求した。

-Source: Aston Martin Formula One Team